オヤジの水彩画集

wcpainting.exblog.jp
ブログトップ
2018年 12月 02日

フランスの旅:バルビゾン村

2018年7月15日、フォンテーヌブローからタクシーでバルビゾン村に行きました。農村風景やそこで働く人々を描いたミレーやルソーに代表される(印象派の中の)バルビゾン派はこの村から生まれました。若く貧しい画家達を支えた「ガンヌの旅籠屋」は、今は「バルビゾン派美術館」として公開されています。同じように、ミレーの住まいとアトリエも美術館になっているのですが、正午から午後2時まで昼休みで閉まってしまい、ミレーの作品を見ることは出来ませんでした(信じられない・・・)。
<ガンヌの宿(バルビゾン派美術館>
b0304334_19552434.jpg
<ミレーの家兼アトリエ>
b0304334_19554764.jpg


[PR]

# by wcpainting | 2018-12-02 19:59 | ヨーロッパ
2018年 11月 17日

フランスの旅:ジヴェルニーのモネの家

2018年7月14日は、サン・ラザール駅からジヴェルニー駅に列車で向い、そこからバスで「モネの家」に行きました。モネはこの家で亡くなるまで40年以上暮し、『睡蓮』の連作をはじめ、数々の大作を描き上げたとのことです。ただ、私には人工的庭園や池の樹木や草花を描いたモネの絵を讃える感覚が乏しく、『睡蓮』にしてもその良さが分かりません。そうは言っても、せっかく来たのですから、モネの家と睡蓮の池を水彩画にしました。
<モネの家>
b0304334_18202041.jpg
<睡蓮の池>
b0304334_16273861.jpg

[PR]

# by wcpainting | 2018-11-17 18:22 | ヨーロッパ
2018年 11月 04日

フランスの旅:フォンテーヌブロー

2018年7月15日、パリ・リヨン駅からSNCFでフォンテーヌブローへ向かいました。フォンテーヌブロー城と森や庭園、そしてフォンテーヌブローの市街地は一日をゆっくり過ごせるだけの価値が十分あります。しかし、この日の目的は印象派の画家・ミレーやルソーのバルビゾン村とシスレーのモレ・シュル・ロアンの訪問でした。今回はフォンテーヌブロー城の水彩画にとどめ、その他はまたの機会に描きたいと思います。
b0304334_11045927.jpg


[PR]

# by wcpainting | 2018-11-04 22:38 | ヨーロッパ
2018年 10月 13日

フランスの旅:レンヌ

7月13日、モン・サン・ミッシェルをあとにしてパリに帰る途中、TGVへの乗換駅・レンヌを散策しました。観光案内所のお姉さんに日本語のガイド冊子をもらい、主に中世の趣を残す旧市街を歩きました。木組みの家が印象的で水彩画にしました。
b0304334_17583618.jpg

[PR]

# by wcpainting | 2018-10-13 17:59 | ヨーロッパ
2018年 09月 26日

フランスの旅:モン・サン・ミッシェル

7月12日は、モンパルナスからフランスの高速列車TGVでレンヌへ、レンヌからはバスでモン・サン・ミッシェルへ行きました。モン・サン・ミッシェルは昼間、夕暮れ、早朝と時間とともに様々に変化する幻想的な姿を見せてくれます。ここでのホテルはメルキュールにしましたが、周辺のレストランを含めて居心地がとても良かったです。
<昼間のモン・サン・ミッシェル>
b0304334_14410414.jpg
<朝焼けのなか、朝日が当たり始めたモン・サン・ミッシェル>
b0304334_14424857.jpg
<モン・サン・ミッシェル内部の礼拝堂の入口>
モン・サン・ミッシェル内部には、修道院やいくつかの教会・礼拝堂があります。この絵は小さな礼拝堂の入口の様子です。
b0304334_20571128.jpg



[PR]

# by wcpainting | 2018-09-26 14:44 | ヨーロッパ
2018年 09月 20日

フランスの旅:ソルボンヌ

サンジェルマンデプレのマルシェに立ち寄り、カルチェラタンを散策しました。夏休み中ですから学生も少なく学生の街という雰囲気はありませんでした。本日(8/11)の最後は、ソルボンヌ(パリ第3, 第4大学)です。しかし、アメリカや日本の大学と違い、大学構内に立ち入ることは出来ません。ソルボンヌ広場と大学の教会を水彩画にしました。
b0304334_16535364.jpg

[PR]

# by wcpainting | 2018-09-20 16:55 | ヨーロッパ
2018年 09月 16日

フランスの旅:サン・ジェルマン・デ・プレのカフェ「マゴ」

サン・ジェルマン・デ・プレのカフェ「レ・ドゥー・マゴ」を描きました。マゴと隣接する「カフェ・ド・フロール」も有名です。マゴは渋谷にも出店していて(行ったことないですが)、カフェというよりは、食事のメニューも立派でカフェ&レストランと言った方が正しいと思います。
b0304334_16575072.jpg

[PR]

# by wcpainting | 2018-09-16 16:58 | ヨーロッパ
2018年 09月 03日

フランスの旅:サン・ジェルマン・デ・プレ

モンマルトルに続いて、サン・ジェルマン・デ・プレからカルチェラタンを回るのが本日(7月11日)の予定です。地下鉄マビヨンから地上に出ると見えるのが、パリ最古のサン・ジェルマン・デ・プレ教会です。ノートルダム寺院とは異なる建築様式で、落ち着いた風格を感じます(少しスリムに描きすぎました。本当はもっとどっしり感があります)。
b0304334_18402695.jpg

[PR]

# by wcpainting | 2018-09-03 18:41 | ヨーロッパ
2018年 09月 01日

フランスの旅:ムーラン・ルージュ

モンマルトル美術館に立ち寄ってから、ルピック通りに沿って坂を下り、「ジャンヌ・べー」で昼食、ルピック通りを更に歩いて、ブランシュで地下鉄に乗る前に見える景色が、この絵のムーラン・ルージュです。このあたりは、お洒落なパリとはほど遠く下町そのものといった雰囲気です。夜は知らないのですが、さぞ華やかなのでしょう。
b0304334_18094902.jpg

[PR]

# by wcpainting | 2018-09-01 18:10 | ヨーロッパ
2018年 08月 30日

フランスの旅:モンマルトルのラパン・アジル

ユトリロ、ピカソや印象派の画家達が常連だったシャンソニエ「ラ・ラパン・アジル」を描いてみました。今は使われているのでしょうか?建物の前の木々が茂り、1階部分が見えません。しかし、これもまたモンマルトルらしい風景です。
b0304334_16415490.jpg


[PR]

# by wcpainting | 2018-08-30 16:42
2018年 08月 27日

フランスの旅:モンマルトルのル・コンシュラ

2018年7月11日は、パリ市街の散策です。まず最初に訪れたのがモンマルトルです。サクレクール寺院の一部がわずかに見える「ル・コンシュラ(LE CONSULAT)」を描いてみました。今回の編集でアップした作品は、もう一度描き直したものですが、やはり絵を不安定にしている垂線の歪みが残ってしまいました。難しいものですね。
b0304334_10084475.jpg


[PR]

# by wcpainting | 2018-08-27 16:15 | ヨーロッパ
2018年 08月 14日

フランスの旅:セーヌ川

2018年7月10日、パリに18時過ぎに到着。オペラ座近くのホテルにチェックイン後、まずはセーヌ川の散歩に出かけました。コンコルド橋の上から、正面にシテ島のノートルダム寺院、右にオルセー美術館と左にルーブル美術館の西の端を眺めることができます。これだけでも11年ぶりにパリに来たという感慨ひとしおといった景色です。
b0304334_15491854.jpg

[PR]

# by wcpainting | 2018-08-14 15:23
2018年 07月 08日

橫浜山手・外交官の家

イタリア山庭園内にある「外交官の家」を描いてみました。昨日、アップした絵の窓の表現が雑だったため、修正して再度、アップしました。少しはましになったかと思いますが、窓(ガラス)枠の黄色の極細線とはほど遠い絵になっています。いろんな人の作品を見てヒントをもらたいです。藤森先生の指導を仰ぎたいですが、お休みをいただいたままになっています。秋から復帰のお許しをお願いしようかな・・・
b0304334_15520583.jpg




[PR]

# by wcpainting | 2018-07-08 11:23 | 横浜
2018年 07月 05日

橫浜山手・ブラフ18番館

JR石川町から10分も歩くとイタリア山庭園内に「ブラフ18番館」があります。ギャラリーやミニコンサート会場として利用されています。まとまりのある美しい建物です。紙の表面が剥がれそうになるくらい何度も描き直したのですが、色を付け終わってから別の大きな欠点に気付きました。後日、修正の手を加えたのですが、まだ違和感を解消できません。難しいものですね。
b0304334_15560751.jpg



[PR]

# by wcpainting | 2018-07-05 15:10 | 横浜
2018年 07月 02日

橫浜山手・234番館

234番館は元町公園前にあり、館内では水彩画教室他、数々の趣味の会などが開かれています。また、クラッシックやジャズのミニコンサートが開かれたり、開放的に利用されています。
b0304334_15590563.jpg



[PR]

# by wcpainting | 2018-07-02 11:54 | 横浜
2018年 06月 29日

橫浜山手・エリスマン邸

神戸の北野異人館街をアップしたので、今度は橫浜山手の西洋館街を描いてみることにします。まずは元町公園に「エリスマン邸」です。比較的構造がシンプルで描きやすい題材です。エリスマン邸の中にはカフェがあり、深い緑の木々を眺めながら休憩するには絶好の場所です。
b0304334_16003711.jpg


[PR]

# by wcpainting | 2018-06-29 13:47 | 横浜
2018年 06月 21日

四国旅行:神戸・風見鶏の館

風見鶏の館の廻りに2本の大きな樹木があるのですが、大きくなり過ぎたからか、途中で切断され、なんとも不格好に館の傍らに立っています。絵は便利なもので、描きたくなければ省略できます。
b0304334_21470362.jpg

[PR]

# by wcpainting | 2018-06-21 21:47 | 関西
2018年 06月 21日

四国旅行:神戸・萌黄の館

四国に入る前日は神戸で一泊し、北野異人館街を見て歩きました。私の住む橫浜にも「山手西洋館」街があるのですが、神戸市と横浜市には「歴史的建造物を誰のために活かすのか」という方針に大きな差異があるようです。良い/悪いではなく、好き/嫌いを言えば、私は北野異人館街にいくつもの点でガッカリしました。しかし、せっかく来たのですから2つの建物を水彩画にしました。まず、「萌黄の館」です。
b0304334_11515836.jpg



[PR]

# by wcpainting | 2018-06-21 21:33 | 関西
2018年 06月 16日

四国旅行:阿波踊り

5月14日、高松から徳島に向かいました。徳島での楽しみは、何と言っても阿波踊りです。阿波踊り会館では19時から有名連、この日は「まんじ連」の踊りを見ることが出来ました。ただ観るだけではなく、連の踊り手の方たちの指導を受けながら、私たち観客も一緒に踊りました。楽しかった!
b0304334_09054448.jpg



[PR]

# by wcpainting | 2018-06-16 22:05 | 関西
2018年 06月 09日

四国旅行:松山・坊ちゃん電車

5月14日は快晴に恵まれ、午前中は松山の街歩きです。特に松山城とその周辺は文化的匂い豊かで落ち着いた良い雰囲気があり、好きな街の一つになりました。午後は高松に移動し、金比羅さんから栗林公園、高松タウンを散策し、楽しい一日を過ごしました。
b0304334_11490364.jpg


[PR]

# by wcpainting | 2018-06-09 15:35 | 関西
2018年 06月 04日

四国旅行:伊予鉄・道後温泉駅

松山から道後温泉には伊予鉄・城南線の路面電車で向かいました。絵は終点の道後温泉駅です。道後温泉のあと、湯築城跡(現在は「道後公園」)にある松山市立子規記念博物館を訪れ、正岡子規をはじめ松山出身、あるいは松山に関係した文人・俳人・文学者たちの偉業の歴史を学びました。
b0304334_11224950.jpg

[PR]

# by wcpainting | 2018-06-04 17:18 | 関西
2018年 06月 03日

四国旅行:道後温泉本館

5月12日の母の三回忌法要を終えて、神戸経由で四国旅行をしました。しばらくはこの旅行の風景を水彩画にします。まずは愛媛・松山の道後温泉から始めます。道後温泉本館は歴史のある重厚な佇まいです。大雨の中を神戸から4時間余り運転してきた疲れを、道後の湯で洗い流すことが出来ました。
b0304334_11594275.jpg






[PR]

# by wcpainting | 2018-06-03 15:50 | 関西
2018年 02月 13日

北海道旅行:函館港のヨットハーバー

元町から坂道を降りて、函館港のみどりの島にあるヨットハーバーに行きました。ここにも、函館山を背景に絵になる景色が広がっていました。まだまだ遠景の処理に課題を残していますが、爽やかな晩秋の函館港のヨットハーバーの風景が伝えられればと思います。
b0304334_16025830.jpg



[PR]

# by wcpainting | 2018-02-13 14:17 | その他
2018年 02月 03日

北海道旅行:函館・カトリック元町教会

旅の最終日(10/24)、朝の元町を再度散策しました。数々の歴史的建造物や教会群は函館湾を見渡すなだらかな坂道にあり、絵になる素敵な風景がいっぱいありました。いちばん描きたかったのは遠景に函館湾を入れた八幡坂なのですが、私の技量では手に負えませんでした。何とか描けたのがこのカトリック元町教会です。
b0304334_10273582.jpg


[PR]

# by wcpainting | 2018-02-03 15:01
2018年 02月 02日

北海道旅行:函館朝市

2017年10月23日は、台風21号(?)で朝から大雨と強風が夕方まで続きました。五稜郭の隣にある函館中央図書館で読書をして、連日の街歩きで疲れた身体を休めました。この図書館は設備、雰囲気ともに素晴らしかったです。
旅の最終日の24日は台風一過の快晴、朝6時過ぎにホテルを出て函館の朝市を歩いてきました。平日のまだ明け切らない早朝で、人影もまばらで開店準備の様子でした。私が想像していた朝市とは、ちょっと違ったのですが、少しは雰囲気が伝えられればと思います。
b0304334_10311087.jpg


[PR]

# by wcpainting | 2018-02-02 12:15 | その他
2018年 01月 15日

北海道旅行:函館聖ヨハネ教会

2017年10月22日、大沼公園を経由して函館に着きました。早速、元町を散策し、夜は函館山からの夜景を楽しみました。函館は歩いて回れる範囲にたくさんの見所が有り、とても落ち着いた街の雰囲気が好きになりました。そんな中から、この日に訪れた聖ヨハネ教会を水彩画にしました。
b0304334_10333000.jpg


[PR]

# by wcpainting | 2018-01-15 13:31 | その他
2017年 11月 29日

北海道旅行:大沼公園

10月22日朝の北斗で札幌から函館に移動しました。途中下車して錦秋の大沼公園を 1時間ほど散策しました。湖畔のレストラン(ターブル・ドゥ・リバージュ)の湖岸には、島巡りクルーズが出来る船が係留されていたので水彩画にしてみました。ちなみに、ランチクルーズが2600円だそうです。この日は北海道駒ヶ岳が見えませんでしたが、快晴であれば湖からの景色は最高でしょうね。
b0304334_10363051.jpg


[PR]

# by wcpainting | 2017-11-29 07:47 | その他
2017年 11月 15日

北海道旅行:見事な紅葉の北大キャンパス

10月21日(土)は札幌の街歩きです。ホテルでの朝食の後、北海道大学に行きました。札幌駅から歩いて10分もすれば大学の構内です。木々が一斉に紅葉したキャンパスは感動的な美しさでした。この絵は総合博物館ですが、構内には大学の前身である札幌農学校の歴史をとどめる建物がいくつも保存されており、昼過ぎまで広大なキャンパスの秋の風景を楽しみました。
b0304334_10383864.jpg


[PR]

# by wcpainting | 2017-11-15 09:58
2017年 11月 09日

北海道旅行:小樽運河の夕景

10月20日、すすきののホテルに荷物を置いて小樽に向かいました。小樽ではいろんな博物館や資料館で発展の歴史を学びましたが、何と言っても”運河”を見ること、それも街灯に灯りが点る夕景を見ることが主な目的でした。そして描いたのがこの絵です。やはり夕景は難しいですね。
b0304334_10425279.jpg


[PR]

# by wcpainting | 2017-11-09 16:42
2017年 10月 30日

北海道旅行:北海道庁

今回も定番中の定番の「北海道庁旧本庁舎」(またの名を“赤レンガ庁舎”)です。明治21年(1888年)にできた威風堂々とした建築美です。角度を変えて、また描いてみたいと思いました。
b0304334_10445124.jpg


[PR]

# by wcpainting | 2017-10-30 13:40 | その他